アリゾナ・日々の出来事


by misae_az

今日は、ピンチヒッターでメディカルアシスタントとして病院内の外来で働いた。最近は、ひと月に数回ほど頼まれる。
普段は看護助手として人手の足りない生まれたてのベビーから年寄りまでの入院患者の病棟で働いている。

小児癌の外来だ。癌の点滴治療や定期的な血液検査で訪れる子供達を診察室へ案内してバイタルを測る。
顔見知りになった子供達が、とても可愛くなってくる。亡くなってしまった子供達もいる。ここで働くと命について色々と考えさせらる。

いつもは母親と一緒の男の子(15)が、成人した二人の兄とやってきた。受付人が、お母さんはどうしたの? と聞いたところ、先週亡くなったと兄弟は答えた。病気がちな彼女は病気の息子を残して亡くなったのだ。残された家族も可哀想だが、母親の気持ちになってみると無念な思いで涙が出てくる。父親と二人の兄の4人、協力して良い人生を送って欲しい。
[PR]
# by misae_az | 2016-06-11 11:57 | 日常